看護師専門外来では、看護師が治療や療養について患者やその家族の相談に乗り、アドバイスを与える。専門外来には医師がおらず、看護師が対応することになるのだ。専門外来には様々な分野があり、生活習慣病外来やリンパ浮腫外来など疾病を対象とするものから、フットケア外来やストマ外来など多岐にわたる。従来は看護師だけの外来で保険医療は認められなかったが、看護師専門外来では保険の適用が認められるようになった。そこで、全国の医療機関が看護師専門外来が設置するようになったのだ。

ただし、看護師なら誰でも専門外来で勤務できるわけではなく、認定看護師や専門看護師などの資格を持った看護師しか働けない。専門外来の看護師には、通常の外来で患者が相談しにくい、退院後の療養生活における不安などを打ち明けられる。通常の外来ではゆっくり相談できずに不満のある患者も、看護師専門外来なら時間をかけて相談に乗ってもらえるのだ。

経営難の医療機関が増える中で、利益の少ない長期入院は避けられるようになり、在宅医療の比重が大きくなった。完治するまでゆっくり入院し、回復後に退院するという時代は終わりを告げ、一通りの治療が完了したら直ちに退院して在宅療養で回復を待つスタイルに移行したのだ。現実には、予約した患者が定刻に現れなかったり、細かい指示を与えても全く守らなかったり、看護師の苦労は絶えないが、患者とのコミュニケーションが取りやすい専門外来に魅力を感じる看護師も少なくない。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2020 専門性を高める心意気!. All Rights Reserved